プラサヴェルデ ぐるぐるNUMAZOO。今度は高校生のウィンドウアートが元気に展開中!

ライター:えみ えみ

ぬま


ぬまつーも大変お世話になっている、プラサヴェルデ内にある展示スペース「ぐるぐるNUMAZOO」。ここに来れば、常に”沼津の面白いこと”が見つかるクリエイティブ情報の発信基地です。

そこで現在、新しいプロジェクトが進行中みたい。



highschool-min

ぐるぐるNUMAZOO HIGH SCHOOL ART ACTIVITIES

沼津市内の高校10校の美術部・美術コースの皆さんが参加しているウィンドウアートプロジェクトです。



あおきさん

発案者はやっぱりこの方。
ぐるぐるNUMAZOO 実行委員長の青木一(あおきはじめ)さん



IMG_2262

「コロナ禍で学生たちがやりたいこともできない」という声を聞き、ぜひ彼らにそんな場所の提供を!ということが今回のきっかけ。また、コロナ禍で元気がでるニュースが少ない今のご時世に、高校生パワーをもらえたらという想いもあったのだそうです。


スクリーンショット 2021-08-14 16.50.16

プラサヴェルデの大きな窓を、各校がそれぞれ担当して自由に描いていきます。こんなふうに、ひとつの大きなキャンバスに沼津市内の高校生が一緒に描く機会は今回がはじめて。とても良い交流の場にもなっているのだそうです。


S__34856984


現在は、主に「夏」をテーマにしたものが多く描かれています。

中央高校の美術部所属のサカイさん。「自分たちの絵をみてもらえるというのはとても嬉しい。こういう機会があって本当によかったと思う」と話してくれました。



S__34856968

夜間にはライトアップもされています。

日中とはまた異なる印象のウィンドウアートを見ることができます。


S__34856969

沼津商業高校美術部の皆さんの作品。

千本浜で遊んでいる、高校のオリジナルキャラクター”ぶっきー”と”まうすけ”がとても楽しそう。

キットパスという画材を使うことも、こんなに大きなキャンパスに描くことも初めてで大変な部分もあったけれど、「こんな貴重な機会をもらえてとても嬉しい」と話してくれました。



S__34856982

コロナ禍で大変な状況のなか、忙しい時間の合間をぬって制作している各校の作品。7月末から12月までの期間中は、各校の生徒さんが季節ごとに自由に絵を差し替えていく予定。

完成形だけでなく、その制作過程をみるのもとても楽しそう。

ぜひ、この機会に沼津の高校生の溢れるアートのパワーに触れに、ぐるぐるNUMAZOOにお越しください。


ぐるぐるNUMAZOO



ライター:えみ えみ

カテゴリ : 話題