沼津のバカすげぇところをふりかえる~その1~

ライター:さやぴー さやぴー

 高校生のさやぴー@ぬまつーです。

今回は文字通り、沼津の″バカすげぇところ″をふりかえります。

実は、私は沼津市民ではなく片道2時間かけたら沼津市に着く位置に住んでいます。

沼津市民あるからこそ分かる魅力だけでなく沼津市民ではないから分かる魅力もたくさんあります。

前者は、@ぬまつーライターのみんなが毎日たくさん書いてくれるので後者を、私が少しずつ共有していきたいと思います。

~その1~は、ただただ私自身沼津のすごいと思うところを書いていきます。

沼津市民のみなさんにとっては、「そんなの分かってるよ!」という部分もあるかもしれませんが「ふう~ん、この当たり前なことってすごいんだ」という感覚で読んで頂けたら嬉しいです。


①丁寧なごみの分別を当たり前に行っている

IMG_8595

食べて

IMG_8594

洗って

IMG_8596

プラ容器包装は燃えないゴミとして分別する

これです。

市の決まり事だし当たり前すぎるけど!?
と思うかもしれませんが、私が沼津の学校に通うようになってから一番はじめに驚いたこと。私が住むところは、ここまで気合が入っていないので…(怒られる)市民のみなさんがこの分別を当たり前に行っていることに驚きました。

この沼津方式と呼ばれる分別方法は、全国に先駆けて昭和50年から行われているのですね。
おかげで私も、無駄なくリサイクルできるようにプラスチックは家ではなく学校で捨てる意識をするようになりました。


②自転車で移動できる

ちょっと見てください…

FullSizeRender

伊豆半島 山が多くない?
(だからこそいい部分ももちろんあるよ、温泉とか!)

ということは、。ママチャリ勢にとっては厳しい道です。そんな伊豆半島の真ん中に住む私からすると自転車交通手段に含まれる沼津がめちゃめちゃ羨ましい。

逆を言うと、市民にとっては交通手段目的だけとして自転車が使われている気も少しします。このようなご時世で県外にあまり旅行ができないからこそ、沼津市内をサイクリングしてみては?

IMG_8600


CYCLIST FRIENDLY AREA NUMAZUでは自転車のレンタルを行っています。自転車をレンタルしてサイクリングすることで、いつもとは違った目線から沼津を見れるかもしれませんね。


③自然豊か

〈春〉

IMG_8615


〈夏〉

IMG_8614


〈秋〉

IMG_8610

〈冬〉

IMG_8611
(提供:沼津市)

きれ~~~~~~~~~~~!!!
私は感動するとこの波線(~)を連打してしまう癖がありまして
その癖が出てしまいました。

みなさんご存知の通り何と言っても自然豊かな沼津市。こちらの写真は「沼津市フォト&ムービーライブラリー」より。ぬまつーでも紹介しているのでよかったら。


④ロケ地に最適

③が振りみたいになっていますが、そういうことです。
自然の恩恵観光客だけでなくロケハンも呼んでしまいます。私が以前書いた記事の見出し画像の作品は全て沼津市で撮影されたシーンがあるものです。

最近のものでは、backnumberのPVである『黄色』は沼津市で撮影されたものみたい。
詳しくは、沼津観光ポータルをご覧ください。



back number - 黄色 - YouTube
より


いかがだったでしょうか?

今回は私が個人的に考えた沼津のバカすげぇところでした。
次回は、また違う目線で沼津のすごいところを見ていきたいと思います。では^^



見出し画像…https://backnumber.info/よりロゴマーク引用


インスタ インスタ インスタ
ライター:さやぴー さやぴー