戸田森林組合の森を循環させるSGEC認証への取り組みがエモい!

ライター:みつえ みつえ
みんなで


完成間近の地域おこし協力隊 郷内さんのビックプロジェクト。
それは、戸田の木材を使用したスクールロッカーをつくること。

そして、このプロジェクトにとって一番重要なのは、なんといっても今回使用する戸田の木材。

ここに置いてあります


前回の記事でも少し触れましたが、戸田の材木はSGECという認証制度に基づいて、”持続可能な森林を広げる”というコンセプトのもと、戸田森林組合の皆さんが丁寧に管理されています。

これまで、戸田の材木はあまり活用されていなかったのですが、約10年ほど前から材木を売るという試みが始まりました。


木


枝をシャーっと切り落として、ガンガン切断していくプロセッサー。
熟練の技術が必要です。




常に危険がともなう伐倒作業。
作業を見せてくださった職人さんは”とてもやりがいがあります!”と笑顔で話してくださいました。

ステキすぎる!




今回使用するのは、ひのき
ひのきは、消臭効果、防腐効果、耐火性に優れていて、なにより耐久性が素晴らしいのだそう。

そして、木を伐採したあとには、次の世代のために植樹をしています。

伐倒後


このエリアは、ヤマザクラを植樹


植樹


今回のプロジェクトには、実はもうひとつのテーマがあります。
それは、戸田の子供たちに戸田の林業を知ってもらうこと。

木材をチェーンソーでカットする体験をしたり、

こどもたち_カット

植樹体験もしました。

こどもたち_植樹


そして、最後の仕上げである塗装も今後体験してもらう予定だそうです。


ロッカー



”持続可能な森林”というコンセプトのもと丁寧に育てられた木材を使用し、さらに次世代を担う子供たちにもその想いを伝えていく。


今回のプロジェクトは、何百年という長い時間の流れと、地球の資源を守るという大きなビジョンのもとにたてられた、まさにビックプロジェクトなんです。

さくら



こんなにエモい郷内さんのプロジェクト、完成はもうすぐそこです!!




戸田森林組合







ライター:みつえ みつえ