【ぬまつーグルメ】創業約90年の御菓子司「松見屋」さん。10/8(土)の豆名月の日は当日限定のおまんじゅうが出るみたい。(沼津市本郷町)




今週10月8日(土)は十三夜(豆名月、栗名月)と言って、9月の十五夜につづき、お月見を楽しむ日。
ちょっと甘いもんの下見に行こう〜っということで向かった先は、
IMG_4665
御菓子司 「松見屋」さん。なんと昭和7年に創業し約90年、三代にわたり続けているという、沼津の老舗の和菓子屋さん!沼津市役所からちょいと東へいったところ、車で約3分の場所にあります。



こんにちは〜!と中へ入ると、
IMG_4667
なんとも優しそうな三代目ご主人の杉山さんがお出迎えしてくれました。
お月見団子の話を聞いてみると、松見屋さんではなんと、当日限定で中に餡の入ったおまんじゅうを出しているそう!今日はひとまず、「つきたての餅」でつくられているという豆大福と、




IMG_4666
秋のお楽しみ、いも羊かんをいただきます!「さつま芋そのままに」の甘くシンプルな言葉にまたそそられる...。



IMG_4669
早速もち帰り、まずは豆大福をお皿にちょこんと乗せてみると、、ぽてっとしたシルエットに透けて見えるお豆が愛おしい。



IMG_4670
そっと指で持ちあげたとたん、ずっしり、指からこぼれ落ちていってしまいそうな柔らかさ。



IMG_4672
落ちないうちに、、いただきます!



IMG_4673
おぉぉぉめっっっっっちゃ伸びる!さすがつきたてのお餅、、ボリュームもあってとっても食べ応えある豆大福!とっても美味しい。なによりお餅の伸び方にびっくりでこの表情。



IMG_4671
続いてこちら、いも洋かん。「さつま芋そのままに」の言葉にあったように、見た目から既に素材が生かされているのが伝わってきます。



お上品にフォーク、、、
IMG_4674
ではなく、かぶりつきスタイルでいただきます。



IMG_4675
んんん、美味しい!甘すぎず、お芋のやさしい甘さで飽きずにペロリと食べられちゃう。食感もまたやみつきになるいも洋かん。たまにはこんなふうにおてんばな食べ方でいただいちゃうのも良いかも。



実は差し入れでいただいたいちご大福がきっかけで知った松見屋さん。
IMG_4668
そんないちご大福の出る1月〜5月はお休みなく、そしてその他の時期でも、月に2,3日〜数日ほどのお休みしか設けずお店をあけているそう。毎日ここではたくさんの人の日常が詰まっているんだろうなぁ...。


今週土曜の十三夜は美味しいものと一緒にお月見しようっと。



御菓子司 松見屋
静岡県沼津市本郷町3-23
インスタ インスタ インスタ