【ぬまつーグルメ】今も昔も変わらぬおいしさ冨士家製パン所。3代に渡ってレンガ釜で焼く食パンはみんなに愛されパン(沼津市本郷町)




沼津市民文化センターのある御幸町の隣町、本郷町
IMG_0855
食パンに少し似た形のこちらのお店、冨士家パンさん。昔から地域のみんなに親しまれているパン屋さんです。




IMG_0856
今の時期はとっても立派に咲く、柏葉あじさいが目印。もりもり。





お仕事終わりに向かった夕方17時頃
IMG_0859
既に残っているパンはあと少し。美味しそうなコッペパンたちや、
※店内許可をいただき撮影しています。




IMG_0857
最近始めたというライ麦パン、その他の甘いパンたちもとても美味しそう。




IMG_0858
差し入れにラスクも良いな〜。なんて、あちこちに目移りしながら見つけたのは




IMG_0860
パンのみみ、50円!?クラストっていうみたい。美味しい端っこがこんなにたくさん入ってこのお値段、迷わず手に取りレジへとGO。




IMG_0872
レジでお話しながら、あの富士山の絵素敵だなぁ、、、と思うのとほぼ同時に




かっ、、、
IMG_0862
かっこいい暖簾!!長いこと大切に使われてきたんだろうなぁ、、。店先は最近新しくしたそうで、暖簾はもうかけていないけれど、リニューアル前まではかけていたみたい。その頃みたかったなぁ。なんて、いろいろお話をしていたら、




なんと創業当時からずっと使っているという奥の焼き釜をご厚意で特別に見せていただけることに!!
IMG_0863
これまたとってもかっこ良すぎるレンガ釜。関東大震災をきっかけに初代が横浜から沼津へ移り住み、昭和初期にこの場所でパン屋をスタートさせてからずっと使っているそう。




時間の積み重ねを静かに物語るこの釜、、、
IMG_0874
中がとーーーーっても広く大きい




IMG_0864
今でもこうして食パンを焼くそう。なんと一度に60本も焼けるのだとか。今はそこまで入れる機会もあんまりないそうだけど、昔は一度にたっくさん焼いていたみたい。




IMG_0865
慣れた手つきで、すーーーーっと奥へ運び入れる(様子を見せてくれる)3代目の中山さんありがとうございます。(;;)





IMG_0866
腕がとっても逞しくカッコ良い、、。一級パン製造技能士という上級の国家資格をもつ立派な職人さんです。このお仕事、子どもたちにもぜひ知ってほしいなぁ。




火はなんと
IMG_0868
当時から薪ではなく、このバーナーを使っていたそう。今はもう製造されていないものみたい。部品が造られなくなってしまったら、替えもきかなくなりメンテナンスも大変。そんな貴重なバーナーで1時間しっかり釜を熱し、なんとパンは余熱で焼くそう。すごい!




IMG_0869
竈の神様を祀るお札は町内で毎年いただくものを貼っているそう。素敵な文化だなぁ。





そしてこちらが、、、
IMG_0867
ずらーーーっと並ぶ食パン型!沼津生まれのみんなはきっとこのパンで育ってる。





IMG_0873
ついつい買いすぎました。私の後に入ってきた常連さんたちはみんな揃って食パンひとつ〜、と買っていきました。生活に欠かせない食パンをこうしていつも同じお店に買いに来るっていいなぁ。




この後、戸田へ行くんです〜なんて話をしていたら
IMG_0871
戸田だとあまみやさんにいつも卸してるよ〜って中山さんが教えてくれました。
着いた頃には陽が沈んでしまったので、今度またあまみやさんのところへ中山さんのパン食べに行こうっと。




冨士家製パン所
静岡県沼津市本郷町9−1
インスタ インスタ インスタ