忘れたくない絆、思いをつなぐお菓子。おまけに朗報!

どうも、のんべえです。

11月の沼津。
今年はよさこい東海道もなくって寂しい思いをしている方も多いかと思います。

市民もそうだし、沼津での踊り納めを楽しみにしている全国の踊り子さんたちも。

そんな中、沼津のお菓子の老舗、ほさかさんでよさこい発祥の地、
高知のお菓子を販売しています!

BC913628-8A07-4505-923F-B934A8B1D1BA
忘れたくない絆、想いをつなぐお菓子。

販売しているのは高知の御菓子司、庄壽庵さんの青のりせんべい、ゆずサブレ、四万十くりサブレ。
123954143_2065547600244209_8862554586961461695_n
E6B78EDA-33FD-4BC9-85C3-11BDCBAACA65

さっそく購入しながら、お店の方とお話ししたり、店内を撮影させてもらったり。
8D303DF0-09A1-45E8-A1E0-EBE82C79E663

ほさかさんはダイヤちゃん推しのようですね。

さて、今回購入したお菓子たち。くりサブレが美味しかった!
3DA20BFE-C06F-43C9-85B5-C39B0E3A4F6A

F965A5E2-A482-4859-A2C9-F9D0274E8746

… 


 
栗?
栗といえば、っていうよりほさかさんといえば栗せん
90年以上愛されてきた、押しも押されぬ沼津銘菓です。
A6C158F3-EE9A-4D29-9011-B8A7F6321529

C1661C95-7B8E-4D7E-949E-5F9E78E10DD7

F745B095-24DE-4B1B-B3F3-F00EB628AF77


…でも最近見かけない気がしませんか?
実は、長年栗せんを作ってきた機械の老朽化のため、現在「ほさかの栗せん」は生産されていないそうなんです。


いつまでもすぐそばにあると思っていたものがない寂しさ…。
時の流れの残酷さよ。


駄菓子菓子!
もとい、だが、しかし!

来年の春くらいにはほさかの栗せん復活するらしいですよ!

「おおごとになっちゃってねえ」なんてお店の方は言ってましたが、
まぎれのない朗報!

楽しみに待ちましょう~。
3480781F-D7C5-4DF0-A7CF-6B9F9E974203
店内に展示されていた栗せんの金型

ほさか 大手町本店
沼津市大手町5丁目2-9




ライター:のんべえ のんべえ

カテゴリ : お店 グルメ