【ヌマヅで歩道橋にヌマる。】こちら西間門歩道橋。遠くを眺めて感傷に浸っていたら”境目”を見つけた。(沼津市西間門)


歩道橋。
はかない魅力。

全国的に、老朽化や少子高齢化を受けて撤去が進んでいるらしい。
沼津ではどうなんだろう。
DSC_0019
まちの風景としての歩道橋も、
歩道橋から眺めるまちの風景も、
ちゃんと残しておかなくちゃ。





そう思って、
まず足を運んだのは西間門歩道橋
DSC_0021
名前のまんま。沼津市西間門にある。
3つの階段があるタイプ。真ん中で降りれる。




DSC_0022
ひらがなで「にしまかどほどうきょう」と書いてある。なんかかわいい。




DSC_0023
のぼってみよう。イイ感じにサビサビしている。
階段の段数を数えればよかった…誰か教えてください。



DSC_0025
のぼりきったところから、歩道橋の反対側の端を眺めるとこんな感じ。

奥に少しだけ見える緑は千本松原
そしてその向こうは…海。




DSC_0026
朝日が優しく照らす東側を眺めるとこんな感じ。

まっすぐのびるのは旧国一通り
まっすぐだから遠くまで見えるよ。

ここから狩野川花火大会の花火を見たこともあったなぁ。今年も見たかった…



20210915_071131~5
ちなみに青空だとこんな感じ。爽快。いい気分。

奥に見える山っぽいものは、たぶん香貫山



DSC_0028
西側も眺めてみる。
2つの道が合流して、また分かれてる。
このあたりから片浜地区に突入するよ。



20210915_071144
ちなみに夕方はこんな感じ。

夕焼けを見ながら感傷に浸るにはもってこい。
エモいです。





DSC_0030
こちらは真ん中の階段。
降りると西間門交番ほっともっとに行ける。
交番の真裏がほっともっと。




D975FD12-F5E1-46FC-AC22-12328B99B421
何となく気になって調べてみると、
ほっともっとは「沼津東間門店」で住所も東間門
西間門交番はしっかり住所も西間門



なんと…
ここが西間門東間門境目だった…




DSC_0039
反対側の端に来た。南端。
向こう側にはちゃっかり富士山が見える。



DSC_0037
さて、こちら側で一回降りてみよう。



DSC_0041
のぼったときとは反対側から
西間門歩道橋を眺めてみる。



DSC_0042
「西間門歩道橋」と書いてある。
こちら側は漢字なんだね。
こっちからのぼるのは大人向けコースなのかもしれない。



DSC_0043
さあ、もう一度のぼって帰ろう。
こちら側もイイ感じのサビ具合。



・・・・・・・・・・

まちの景色に溶け込む歩道橋。あなたの近くにもある歩道橋。

のぼってみたら、眺めてみたら、新しい発見があるかもしれない。

ヌマヅで歩道橋にヌマってみたら
もっとヌマヅが好きになるかもしれない。



どこからまちを眺め、
どんなふうに切り取り、
どんなふうに感じ、
どんなふうに語るかは、
あなた次第。




次回に…続きたい。

インスタ インスタ インスタ