【3/5 オンライン開催】写真家・阿部秀樹が語る、水中地形から見る日本一の海の秘密

ライター:みつえ みつえ
スクリーンショット 2021-02-21 13.35.04


わたしたちが住んでいる伊豆半島。
その素晴らしさを、わたしたちはどれだけ知っているでしょうか。

今回のイベントでは、これまで世界中の海はもちろんのこと、伊豆半島全域の海で活動してきた、日本でも有数の写真家である阿部秀樹さんが、その魅力をたっぶりお話してくれます。

題して、”写真家・阿部秀樹が語る、水中地形から見る日本一の海の秘密”。


あべさん

ダイバーの方たちの関心は、水中の生き物がメインとなることが多いのですが、今回はちょっと違った視点でのお話となるようです。

阿部秀樹さんは、大学で地理学を専攻し、なかでも特に海岸地形について主に学びました。

海と山は繋がっている。
特にこの地域は富士山との関係は切っても切り離せない位置にあり、だからこそ、その魅力には広がりと深みがあります。海だけではなく、山との繋がりについても知ってもらうことで、よりこのエリアの素晴らしさを感じてほしいという阿部さんの想い。

今回は、その想いのもと、伊豆半島・沿岸海域の【地形】【生き物】【カメラ・写真】をテーマにお話をしてくださいます。

おせざき

その背景には今回、伊豆半島全体をひとつととらえるジオパークという考え方があります。それは、自然だけではなく、そこで暮らす人々の歴史や文化などの人間の営みの全てを、伊豆半島ジオパークでの重要な要素としてとらえる考え方です。

水中写真家であり、文豪であり、なんと出汁のスペシャリストでもある阿部秀樹さん。

沼津を代表するダイビングエリアである大瀬崎をホームゲレンデにしていたこともある阿部さんのトークは、きっと私たちが住むこの土地の魅力を再発見する素晴らしいきっかけをくれるのではないでしょうか。


================
(イベント詳細)

”写真家・阿部秀樹が語る、水中地形から見る日本一の海の秘密”。

日時:2021年3月5日(金) 20:00~21:30
講師:阿部秀樹さん
形式:Zoomを利用したオンライン
参加費:2,000円
申込み締切:2021年2月28日(日)

お申し込みはこちらまで。

主催:伊豆半島ジオガイド協会


ライター:みつえ みつえ