【考・沼津弁⑥】1年ぶりに復活! 複数形はチッチキチ~

ライター:のんべえ@ぬまつー のんべえ@ぬまつー
どうも、のんべえです。

気づきませんでした、このシリーズ1年も放置してたのを…。
沼津の方言を考える【考・沼津弁第6回をお届けします。
【過去の考・沼津弁シリーズはこの記事の末尾から】

1年ぶりに紹介する沼津弁は、人称代名詞の複数形です。
ワザト難シク言ッテミタ。

人称代名詞とは、話の中で主に人を指すことばのことです。
一人称:わたし、ぼく、おれ など
二人称:あなた、きみ、おまえ など
三人称:かれ、かのじょ、あいつ など

これらのことばを複数形にするときは、
「たち(達)」「ら(等)」をつけるのが通常です。

さあ、沼津ではどうでしょう?

たとえば「おれたち(俺達)」を沼津弁で言うと…



おれっち



「あたしたち」は…



あたしっち

「たち」や「ら」の代わりに「っち」がつくと複数形になるんです。

1066339
これはたまごっち
沼津弁だと「たまごたち?」


何の違和感もなく使っていましたが、僕が高校生のときのことです。
全国の同年代と交流する機会があり、
その際に「俺っちがさ~」と言ってしまったら、
(やたらと語尾に「さ~」がつくのも沼津弁っぽいですね。またいずれ。)

「なにそれ~?」と笑われて、初めて他地域では通じないということを知りました。
そして、あっさりと僕のあだ名が「おれっち」になったことでしたよ(笑)。


沼津の女子はわりと自分のことを「うち」と呼ぶような気がします。
関西弁の「うち」とはアクセントの位置が違いますね。
当然複数形は「うちっち」

みなさんごぞんじの伊豆三津シーパラダイス公式キャラクターのこのコ。
IMG_4396

ハイ、名前は「うちっちー」です。
名前の由来は、
「セイウチ」のうち
地元「内浦(うちうら)」のうち
そして「わたしたち」の沼津弁「うちっち」から。
上記のみとしー公式YouTube、うちっちーの後ろにはAqours
みとしー 1

彼女っち、実はこう叫んでいたんじゃにゃあかと思うんです。



うちっち、輝きてゃあ!!


いやいやそんなことは。
おしまい。
次回は1年以内に更新します(笑)!

DED71747-331C-4E8E-8DE4-5FF4BF3A10C1


【考・沼津弁シリーズ】











インスタ インスタ インスタ
ライター:のんべえ@ぬまつー のんべえ@ぬまつー