沼津市の職員募集告知がエモい【7月17日締切!!】

71日からスタートした沼津市の令和3年度採用 「大学卒・免許資格職・障害のある人」の募集。市公式ホームページには、いわゆる募集要項、職種、募集人員、受験資格、試験日程などの情報や申込方法などがズラリ。気になる人はぜひチェックして下さい。申込みは717日まで!!

ホームページには、過去のものと思われますが、先輩職員の声も載っていて、普段なかなか目にすることない「市役所の人」の働きっぷりがわかるようなコンテンツも。

shokuin01


さて、真面目な感じがする市役所職員、いわゆる公務員の募集ですが、市公式Facebookに掲載されたフライヤーのインパクトがなかなか。


大好きなまちで、生きていく。のコピーとともに、市の職員をモデルに、所属する課の特徴を数字でアピール。

saiyou03_machisei


まず、イケメン登場のまちづくり政策課は「リノベーションまちづくりでスタートした事業」。その数45事業。このなかには我らがぬまつー(仮)もカウントされてるそうです。

saiyou02_kasen


続いて、ぎこちない笑顔が好印象。河川課は「市内を流れる河川の総延長」。370,433。へえ。

saiyou04_hoikushi


保育士さんと思われるかわいらしい女性は保育所勤務。市内の保育所の利用児童数2,173。多いのか少ないのかわかりませんが、沼津市内の待機児童がなくなったなんてハナシを聞いたこともあります。がんばれ保育士!

chikado01


沼津駅南口の地下道で他のパターンのフライヤーもあることを発見しました。


saiyou01_kankou

以前、ぬまつー(仮)に登場いただいた佐藤さんがモデルとなっている観光戦略課は「沼津市内を訪れた観光客数」。4,500,770。今は大きな声では言えませんが、いつかまた沼津のまちに来てくれる観光客、ひいては関係人口がもっとたくさん増えますように。

saiyou05_kouhou

カメラを片手に腕章巻いて、いかにもな感じで登場の広報課は「令和元年度広報ぬまづ総発行部数」。1,912,800。年間でみると結構な数字。

saiyou06_spokou

現在、フェンシング日本代表が沼津で合宿を行っていますが、フェンシングを通じたにぎわいのまちづくりを展開するスポーツ交流推進課は、フェンシングの剣を片手に持って、勢いとともに「アスルクラロ沼津、ぬまづマッチの観客数」5,315。フェンシングのスタイルでアスルかよというツッコミはご愛嬌。アスルの試合も愛鷹のホームグラウンドでぜひ応援したい!


仕事っぷりを数字で表すというのはなかなかにエモいですね。実績であり、やってきたことへの誇り、そして結構な覚悟の現れなんではないでしょうか。


単なる職員募集ではなくアツい感じに溢れたフライヤーたち。モデルの人たちが皆さんイカしているのと、インパクトのある数字を添えてプライドをもって仕事をしていることがなんとなくわかります。
ついでに、沼津市のことで「はじめて知った」という豆知識も。市役所のなかにも公務員になりたい、という人だけでなく、こんな面白い仕事がしたい!イカす沼津で働きたい!なんて人が増えるともっとまちが面白くなるかもしれません。

saiyou00

高等学校・短期大学卒相当、民間企業等職務経験者の募集はまた追々だそうで。せっかくなら7パターンのみでなく、市役所のなかのぜんぶの課バージョンも見てみたいような気もします。
インスタ インスタ インスタ

カテゴリ :