明治史料館プレゼンツ!平和を考える戦争史跡めぐり

いよいよ夏休みもスタート。今年はどんな夏の思い出ができるのでしょうか。



明治史料館では夏休み期間中に市内に残る戦争史跡をバスで見学する、「平和を考える戦争史跡めぐり」を開催します。

sensou05


沼津市内の戦争史跡ってどんなもんがあるんでしょうか。



例えば御成橋。昭和20年4月のアメリカ軍の空襲でできた数センチの空襲痕が残っているんだとか。

sensou03


大正12年に東京に設立された海軍の兵器開発・研究機関、「海軍技術研究所」の音響研究部門がかつて沼津にありました。現第三中学校とその周辺約82,000坪が敷地だったとか。戦時中、江浦や多比、重寺、重須など内浦湾沿岸には「回天」、「震洋」といった特攻兵器の基地が造られたそうです。

sensou01

そして明治史料館にも沼津の戦時中を物語る貴重な資料が所蔵されています。

sensou04

平和を考える 戦争史跡めぐりは

8月9日㉁、8月11日㈬の2日間。

午前の部は9:00 ~ 12:00、午後の部:13:00 ~ 16:00。

沼津市内に住む小学校4~6年生とその保護者が対象で、各5組 10 人(申込多数の場合は抽選となります)

参加料は1人24円で希望者には資料代300円がプラス。

飲み物、筆記容疑、タオル、帽子をご持参下さい。

申込方法は7月 28 日㈬、16 時30 分までに住所、参加者全員の氏名、参加当日の年齢(子供は学校名と学年)、電話番号、希望日時を明記して明治史料館に直接、電話、ファクスまたはメールで。

お問い合わせは明治史料館 ☎055-923-3334 FAX055-925-3018
cul-meiji@city.numazu.lg.jp

沼津が平和にあふれ、有意義な夏休みとなりますように。


カテゴリ : おでかけ